駐車場のある歯医者のメリット

日本の歯医者の数は、コンビニより多く、自宅の近所にも数が開業している状態です。

そのため、患者さんが来院しやすい環境にするための工夫をしているところが多くあります。



そのひとつの例が、駐車場の確保です。


駐車場があるということは、ただ単に車での来院が可能ということではありません。
歩くのが大変な患者さんも来ることができるようになります。



最近は、院内や院外をバリアフリーにする歯医者が増えているために、車いすの患者さんや、ベビーカーを押すママやパパの来院も簡単になります。

来院する患者さんの数が増えることにより、他の歯医者との差別化を図ることができると共に、経営が安定します。


歩いていくには少し遠いけれど、車であれば数分で行くことができる範囲に住む人々も来院可能になるので、歯医者に来る可能性のある人を増やしていくことができます。

患者さんも駐車場があることで、雨の日や台風の日にも濡れずに歯の治療ができるというメリットがあります。

歯の治療は、間隔を開けずに続けた方がいいものがあります。



抜歯した後は、翌日に消毒をしなければいけませんし、歯を削った後はできるだけ早く銀歯を詰めなければいけません。
そのような時に、雨が降ってしまうと、ついつい来院が億劫になってしまいがちですが、駐車場があれば天気が悪い日も行くことができます。

このように、駐車場があることで、患者さんはもちろん、歯医者にとっても様々なメリットがあります。