最近の歯医者は痛くない

虫歯は風邪などの菌とは違って自然に治ることはありません。


たかが虫歯だからといって歯医者に行かずに虫歯をそのままにしてしまうと虫歯はどんどん悪化して行くことになってしまいます。



虫歯が悪化してくると歯に痛みを感じたり、さらには頭痛や肩こり、口臭などの症状まで引き起こしてしまいます。
虫歯が本当に酷い状態になってしまうと虫歯の菌は歯だけでなく顎の骨にまで侵入してしまいます。



顎の骨に入ってしまった虫歯を治療するために顎の骨を削らないといけなくなってしまうので、顎の骨が歪んでしまって顔の形が変わってしまう場合もあるので、そうならないためにも虫歯がある場合には、出来るだけ早く歯医者に行って治療してもらう必要があります。



昔の歯医者での虫歯治療の方法といえば、歯を削って虫歯を治していく治療方法が一般的でしたがこの歯を削る治療方法だと治療中に痛みを感じたり、麻酔をしてもその麻酔をするときに痛みを感じたりと虫歯治療には痛みが付き物だと思われていましたが最近での歯医者では、虫歯を治療中に痛みを感じない無痛治療が可能になっています。
また、歯を削らないで虫歯を治すことが出来るレーザー治療といった治療方法も出てきています。

歯医者によっては、患者さんに痛みを感じさせないことを方針としているととこもありますので、虫歯を治したくても虫歯の治療中に感じる痛みが怖いという人は、痛みを感じない無痛治療を行ってくれるとこで治療を受ければ痛みを感じずに虫歯を治してもらえます。